Q304:年金の受取金融機関や住所を変更する場合の方法

回答

A
  1. 年金の受給権者が基金へ届け出た住所及び払渡金融機関(農協、郵便局、銀行等)並びに口座番号を変更しようとするときは、「経営移譲年金・農業者老齢年金受給権者住所・払渡機関(口座番号)変更届」(様式第61号【PDF:133KB】別ウインドウで開きます)に年金証書を添付し、同変更届の表題の「経営移譲年金(または農業者老齢年金)」及び「住所・払渡機関(口座番号)」の該当する文字を○で囲み、必要事項を記入の上、14日以内に新住所地のJAを経由して基金へ提出してください。
     なお、年金証書はJAにおいて確認した後、受給者に返付されます。
  2. ただし、二つの年金の受給権者が、二つの年金の払渡機関(口座番号)を同時に別々の払渡機関(口座番号)に変更するときは、変更する年金毎に2枚の届書を提出してください。
  3. さらに、双方の年金受給者が住所変更する場合は、いずれか一方の住所変更届の提出のみでよいこととなっています。

ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

本サイトには動画やPDF等のコンテンツが含まれております。
動画ファイルの閲覧にはAdobe Flash Playerが、PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
同ソフトをお持ちでない場合は、Adobe社のサイトからダウンロード(無償)してください。