独立行政法人 農業者年金基金

Q:積立方式と賦課方式の違いは何ですか。

回答

A

 積立方式と賦課方式の主な相違点は下記のとおりです。

  積立方式 賦課方式
保険料の性質
  • ・一般的に、金利変動の影響を受けやすく、人口構成の変動の影響は受けにくい。
  • ・確定拠出型の新農業者年金では保険料と運用益を基礎として年金額が決まる。
  • ・保険料は基本的には年金受給者と現役加入者の比率により決まるため、人口構成の変動の影響を受けやすい(金利変動の影響は受けにくい)。
年金額と経済変動の関係
  • ・インフレ等に伴い金利等も上昇し、運用益も増加すれば年金原資も増加可能。このことが年金額の増加につながる。
  • ・インフレ時には、その時点での現役加入者の保険料の負担により実質価値を維持した年金支給が可能。近年では、物価や賃金の下落等についても年金支給水準を調整するようになっている。
    若年層が多く、高齢層が少ないピラミッド型の人口構成が前提。
加入者の保険料の使途
  • ・将来の自らの年金給付費
  • ・その時々の高齢世代の年金給付費

ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

本サイトには動画やPDF等のコンテンツが含まれております。
動画ファイルの閲覧にはAdobe Flash Playerが、PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
同ソフトをお持ちでない場合は、Adobe社のサイトからダウンロード(無償)してください。