独立行政法人 農業者年金基金

4 終身年金(80歳前に亡くなった場合は死亡一時金が遺族へ)

(1)終身受給できる農業者年金

○ 加入者全員が受け取る「農業者老齢年金」は、加入者が支払った保険料とその運用益を基礎として、裁定された年金額を65歳から終身(生涯)受け取ることができます。これにより、何歳まで生きるか誰も予測できない老後生活にとって、ずっと一定の所得が確保されます(希望により60歳から繰上受給することもできます。)。


ページの先頭へ戻る

(2)80歳前に亡くなられた場合は死亡一時金が遺族へ

○ 仮に80歳前に亡くなられた場合は、死亡した翌月から80歳到達月までに受け取れるはずであった農業者老齢年金の現在価値に相当する額が、死亡一時金として亡くなられた方と生計同一であった遺族に支給されます(保険料の国庫補助分については、死亡一時金の支給はありません。)。ただし、加入した年齢と亡くなった年齢や、それまでの運用益がどの程度であったかなどによって、死亡一時金は払い込んだ保険料を下回ることもあります。

○ 自分が何歳まで生きるかを予測することは誰にもできません。結果として、80歳前に死亡する方もいれば、80歳を超えて長生きする方もいます。死亡一時金において死亡した翌月から80歳到達月までと年齢を区切っているのは、80歳を超えてから受給するであろう部分は、結果として長寿の方々の長生きリスクをそうでない方々が負担する保険の形により、長生きしても年金を終身受給できるようにしていることによります。


年齢によるイメージ

ページの先頭へ戻る

(3)年金額の受給見込額

○ 農業者年金は、自らの保険料や国庫補助金とその運用益により年金額が決まる確定拠出型の年金(年金額は運用成績により変動する)のため、将来の年金額がいくらになるかは約束されませんが、一定の条件のもとに試算すれば、以下のとおりとなります。


◇ 農業者年金の年金額の試算(保険料月額2万円で加入の場合)
加入年齢 納付期間 保険料納付総額 性別 年金額(月額) 年金額(年額) 年金受給総額(注)
20歳 40年 960万円 男性 6.3万円 76万円 1,628万円
女性 5.3万円 63万円 1,713万円
30歳 30年 720万円 男性 4.2万円 50万円 1,080万円
女性 3.5万円 42万円 1,137万円
40歳 20年 480万円 男性 2.5万円 30万円 640万円
女性 2.1万円 25万円 673万円
50歳 10年 240万円 男性 1.1万円 13万円 285万円
女性 0.9万円 11万円 300万円

(試算の前提) この試算は、65歳までの運用利回りが2.5%及び、65歳以降の予定利率が0.20%となった場合の通常加入の試算です。制度発足以降の14年度間の運用利回りの平均は2.73%です。予定利率0.20%は、農林水産省告示(H29.4.1 施行)により定められている率です。

(注)年金受取総額は65歳での農業者年金加入者の平均余命を考慮し、男性86.5歳、女性92.0歳まで生存した場合として試算しています。


年齢別の農業者年金支給額試算(保険料月額2万円)についてはPDFでご覧ください。

上記PDF以外の条件での試算は、年金シミュレーターをご利用ください。

ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

本サイトには動画やPDF等のコンテンツが含まれております。
動画ファイルの閲覧にはAdobe Flash Playerが、PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
同ソフトをお持ちでない場合は、Adobe社のサイトからダウンロード(無償)してください。