独立行政法人 農業者年金基金

Q:新制度の支給停止事由とは、どのようなものですか。

回答

A

 特例付加年金の支給停止事由は、

  1. 受給権者が農業を営む者となったとき。
  2. 後継者に使用収益権の設定をした農地等又は特定農業用施設について、
    1. 受給権者が返還を受けた後、1年(振興山村等条件不利地域にあっては2年)経過後においても適格な処分等を行わなかったとき。
    2. 受給権者が返還を受けた後、一定の農地等の転用又は特定農業用施設を特定農業用施設以外のものにしたとき。
    3. 後継者が移転又は設定を行う場合にあっては、適格に行わなかったとき。
    4. 受給権者が返還を受けた農地等を遊休農地化し、農地法(昭和27年法律第229号)第32条第1項の規定により農業委員会の利用意向調査を受けたとき。

参考法令等

法第34条(支給停止)

令第5条(支給停止の事由)

ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る

本サイトには動画やPDF等のコンテンツが含まれております。
動画ファイルの閲覧にはAdobe Flash Playerが、PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
同ソフトをお持ちでない場合は、Adobe社のサイトからダウンロード(無償)してください。