独立行政法人 農業者年金基金

Q:毎月の保険料は、いくらですか。また、上限・下限の考え方は。

回答

A

 保険料は、月額20,000円を最低とし、1,000円刻みで67,000円まで、増やすことができます。

 なお、上限額の67,000円は、個人型確定拠出年金の限度額が68,000円となっており(確定拠出年金法施行令(平成13年7月23日政令第248号)第36条第1号)、その額から国民年金付加保険料400円を差し引いた67,600円を千円単位で整理した額で、納付下限額の2万円は、35歳で加入し25年間保険料を納付した方が65歳で受給を開始するという、標準的なケースで旧制度の年金水準を確保できるよう設定した額です。

 また、一定条件を満たしている方は、特例保険料を選択することができ国庫補助により保険料の一部について政策支援を受けることができます。

 この場合、本人の支払保険料はその該当する政策支援要件に応じ10,000円、14,000円又は16,000円となります。

参考法令等

法第44条(保険料)第4項

令第12条(納付することができる保険料の額)

規則第59条(保険料の額)

ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る



本サイトにはPDFのコンテンツが含まれております。
PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
同ソフトをお持ちでない場合は、Adobe社のサイトからダウンロード(無償)してください。